ダイエットにも夏バテにも!夏野菜レシピ!



夏に夏野菜を食べたほうがいい理由ご存知ですか?
夏野菜を取り入れて夏バテ、熱中症に負けない身体に!

夏本番!夏野菜で乗り切る身体を作る!


いよいよ夏が始まりますね。
注意したいのは熱中症と夏バテ
ダイエット中の方は食事を制限したりするため体力も落ち気味になりがち
そこで夏バテ防止として最適な夏野菜を使ったレシピの紹介!

何故夏野菜がいいのか?
夏野菜は高い気温の中で育つだけあり、水分がたっぷり入っています。
その為水分量が豊富で、身体を適度に冷やしてくれる効果があります。
冷たいアイスなども食べたいところですが、冷やしすぎは今度は消化器官が弱ってしまう為
アイスや冷たい飲み物の過剰摂取を避け、夏野菜で冷やしていきましょう。

また、きつい日差しの中で育つため、紫外線に対抗できる栄養素を含んでいるものが多いです。
抗酸化作用の高いビタミンやポリフェノールを多く含んでいる為、美容にもアンチエイジングにも最適!紫外線で受けた肌のダメージも癒してくれます。


今回の紹介レシピは胸肉と夏野菜の春巻き!ダイエットにももちろん最適レシピとなってますので是非作って召し上がってみてくださいね(^o^)

<材料(2人前・4本分)>

【気分がアガるおうちレシピ】水井真理子さんの<夏野菜のビューティ生春巻>

@BAILA

A) 鶏むね肉     100g パプリカ(黄・赤)1/4個 紫キャベツ    1枚 レタス      1枚 人参       1/4本 万能ねぎ     4本 ライスペーパー  2枚 B) 鶏むね肉    100g きゅうり    1/4本 水菜      1/5束 ライスペーパー  2枚

<作り方>

1)鶏むね肉は料理酒(分量街)をふって、電子レンジで5分ほど加熱してそのまま冷まし包丁で1cm幅程度に切り分ける。パプリカ、レタス、紫キャベツ、きゅうり、にんじんは千切りにしておく。水菜、万能ねぎは12~14cmほどに切る(ライスペーパーの大きさによって調整を)。ライスペーパーに水をくぐらせ、手前3~5cmほどをあけて、それらを並べる。

2)手前から具を押さえながらひと巻きしたら端を内側におり最後まで巻く。ライスペーパーがもどってしまうと巻きにくくなるので、野菜を並べたら手早く、がポイント。

3)巻き終わったら、食べやすい大きさに切り分けて完成。スイートチリソースやゴマだれなど、お好みのソースで召し上がれ!



【気分がアガるおうちレシピ】水井真理子さんの<夏野菜のビューティ生春巻> 【気分がアガるおうちレシピ】水井真理子さんの<夏野菜のビューティ生春巻>
…せました。カラフルな野菜はビタミン、紫キャベツはポリフェノール、鶏肉でたんぱく質、もちろん食物繊維も取れるので栄養バランスのいい一品に。生春巻きは慣れ…
(出典:エンタメ総合(集英社ハピプラニュース))