理想の身体作り最新情報UTまとめ

ダイエットや筋トレ方法・食事内容や適切な運動、など 巷に溢れ錯綜している情報をまとめ、みんなで正しく理解し生活に活かせる知識になるように 実際に自分で試してみたり情報を集めたりして結果をアップしていきます(^o^)

    2020年05月


    危険!タンパク質の過剰摂取!



    こんにちは!
    筋肉をつくる為にタンパク質が必要。
    これはもう常識のようになっていて多くの方に認知されていること。
    タンパク質は肌や髪など、身体の色々な部分の主成分でもあるので、美容にももちろん効果を発揮します。
    ただし、前回の記事で紹介した過剰な糖質オフと同様、闇雲にタンパク質を摂取すれば身体に大きく負担をかける事になってしまいます。また、タンパク質にもたくさんの種類があるため、どういったタンパク質をとれば自分にはいいのか、も確かめる必要があります。
    タンパク質についてや、身体がタンパク質を吸収するメカニズムを把握する事で過剰摂取を避け、適切な量を適切なタイミングで摂取する事ができ、運動やエクササイズの効果をより引き出す事ができます!

    【危険!タンパク質の過剰摂取!】の続きを読む


    身体をつくる運動前の食事



    こんにちは!
    今回は運動前に食べるべきか、食べないべきか、何を食べるのか、などに関しての記事です。
    実はただ身体を細くするのであれば食べずに運動を始めた方が効果がでると言われています。
    ただ、身体に栄養が足りないため、運動量が確保できませんし、身体からどんどんエネルギーを絞り出すので身体は細くなりやすい状態にありますが、燃やすのは当然脂肪ばかりではありません。
    運動に対しての効果を求めるのであれば運動前の食事、またその内容などもとても重要です。
    せっかく努力をして身体作りをしているなら運動だけでなく、食事を掛け合わせて同じ努力で最大限の効果を得られるようにしましょう!


    痩せるも鍛えるも食事!身体作りの基本



    こんにちは!
    今回はエクササイズやトレーニングではなく、食事に関する記事。
    運動をするのは大切ですが、身体は結局口にしたものから作られます。
    トレーニングをした箇所が鍛えられるのも、背が伸びるのも、頭が良くなる、健康、精神状態でさえ、自分を作るのは全て食事。まさに、身につける、です。
    そして、取り込んだ栄養をどの方向性で使うのか、を決めるのが、日々の行動です。
    エクササイズや筋トレ、勉強でさえも栄養をとって初めて身につきます。
    大切さを力説しましたが、食事や栄養素、その働きまでお伝えしていけたらなと思っています(^^)まずはこの記事、コロナぶとり対策!

    <関連する記事>



    「コロナ太り」は食事で変えられる!医師監修の糖質オフスープ3選 「コロナ太り」は食事で変えられる!医師監修の糖質オフスープ3選
    …や中性脂肪を減らす効果があります」(工藤さん)サバは、DHAのほかに、ビタミンB群やDも豊富に含まれます。骨のカルシウムまでくまなく摂取できるので、缶…
    (出典:ライフ総合(telling,))


    下腹ひっこめ体操



    こんにちは!ダイエットにおいて、部分痩せがよく取り上げられていますが、実質部分痩せ、というのは残念ながら不可能だそう。ただし、部分的に筋肉をつけることで引き締めたりリフトアップすることは可能!今回の紹介動画は全身の動きも使った運動で、特に腹筋を引き締める効果があります。是非お試しください!

    【下腹ひっこめ体操】の続きを読む


    睡眠の大切さ



    こんにちは!
    今回は睡眠に関しての記事。
    睡眠時間が足りないとどうなるのか?
    美容や健康、脳の働きにいたるまで全てが多分考えている以上に、または感じている以上にダメージを受けます。

    私も学生時代、学校にいってバイトに行き、終わったら遊びに行って、、としていて、1日あたり3時間弱の睡眠時間が半年ちょっと続いた事がありました。
    まだまだ学生の年齢だったのに、記憶力などはもちろん、ここではとても言えないような異常が身体に出始めたので、睡眠時間をなるべく取るように心がけています。
    仕事などでどうしても少ない時はありますが、寝れない日が続かないように気を付けています。自宅にいる時間が増えています、在宅勤務や休校が続いて朝の時間に余裕ができたからといってあまり夜更かししていると自分の能力の限界を下げる事にもなるので、規則正しい生活を心掛けて下さいね(^^


    【めちゃくちゃ重要、美容にも病気にも、睡眠の大切さ】の続きを読む

    このページのトップヘ